喜ばれる引き出物と困らせる引き出物

持ち運びが便利なものが無難

結婚式の引き出物は、式が終われば持ち帰ることになります。その際に公共交通機関などを利用してきていると、大きな物だと持って帰るのが大変です。自家用車で来ていることもありますが、誰もがそうとは限らないので注意が必要です。そのため持って帰る際にかさばらず、持ち運びしやすいものが喜ばれます。定番なものではカタログギフトであり、自分で好きなものを選ぶことができるので嬉しいものです。また日持ちがするスイーツなども、普段は食べないような有名店のものなどを選ぶと喜んでもらえます。キッチン用品も需要がありカトラリー系であれば場所も取らず、マグカップであれば独身・既婚問わず使うことができます。バスタオルなどのバス用品は、趣味の合わない食器などをもらうよりも喜ばれるので選択肢の一つです。

扱いに困るものや大きいものなどは避けましょう

結婚する当事者たちにとって自分たちの名前が入ったものはとても良い記念品になりますが、式の参加者が写真や名前が入ったグッズをもらっても扱いに困ります。また破損させたりすると縁起が悪いといって、しまい込むこともあるので避けた方が無難です。そして大きいものや重いものは、持ち運びが大変で二次会などで邪魔になる可能性もあります。遠くから来ている人などがもらったときにどう思うのか、そのことも考えることが引き出物を選ぶときには重要です。数も偶数になってしまうと割り切れるということで縁起が悪く、奇数にすることも忘れてはいけません。結婚式という晴れの日でもあるため、誰もが気持ちよく帰ってもらえるようにすることが大切です。